<< ただいまインフルエンザB型罹患中 | main | 茶盤いろいろ >>
2018.10.07 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.03.07 Wednesday

    空海 KU-KAI 美しき王妃の謎を観てきました

    0

      久々に映画館へ行ってきました。

      が。。。またしばらく映画は見ないかなぁ。。

      CMを観て期待が大きかったから、見終わった後の残念感が半端なく。。

       

      長安の都は6年をかけて東京ドーム8個分の広大な敷地に

      建設されたとのことで、風景は綺麗なんだけど

      なんだろCGが違和感ありすぎて。。。(特に主役の猫の)

      あと鶴も残念な感じが。。。

       

      見終わった後に原作は4巻に相当するとのことで

      うーん映画にするにはハショリすぎというか

      もう少し説明入れて欲しいーと思う映画でした。

       

      タイトルに出てくる楊貴妃が出てくるのもわりと後半からで

      突然反乱が起こったよー>楊貴妃に亡くなってもらわねばの

      くだりが急すぎてんー???な感じでした。

      (この映画の楊貴妃は容姿に優れ性格も落ち着いた理的な人なので

      なんで反乱の原因になっているのだかよくわからない。。)

      反乱を起こす安禄山の方は公式HPを見ないと、ただの芸人さん??と

      思う方いるんじゃないかなぁ。。(だって上半身裸で踊るだけだし、セリフ無かったような)

       

      それとこれ、空海ってタイトルでなくても良かったのでは??というのが

      一番の感想で、中国では妖猫傳というタイトルとの事で納得。

       

      はい猫のお話です。猫が主役です。

       

      1800円出したので唐の時代のお召し物は素敵ー!とか街並み綺麗ー!だったと思いましたが

      ドラマの方が、髪飾りとかも凝っている(というか盛っている)かなーと

      思った映画でした。あと皇帝役の方もう少し威厳が欲しいかも。

      TVで放送されていたら全部は見なかったかもーと思う映画でした。残念です。

       

      そうそうお茶を飲むシーンがあるんですが、色が抹茶(というか絵具を溶かしたような色)

      でええーっと思いました。これも残念。

       

      あと映画館の椅子もうちょっとリクライニング出来るといいんだけど

      お尻が痛くなるんだよねー(^^;)

       

       

      2018.10.07 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        忍者アクセス解析
        グーバーウォーク
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM